勉強法(HPの活用法)

0.はじめに    1.仲間作り    2.教材選び    3.過去問


4.通信講座
   5.通学講座  6.模擬問題   
7.最後に・・

特別編 受験者から寄せられたお薦め勉強法


   

0.はじめに

ここでは、福祉住環境コーディネーターに対しての勉強法の1つを紹介させていただきます。決してこの方法でないと合格できないということはありません。ただ、なかなか合格する事ができない。あるいは、どうやって勉強を進めて良いか分からないなどの多くの質問が寄せられているのでこの場を借りて紹介させていただきます。もしよろしければ参考にしてください



1.仲間作り

試験に向けて勉強していく上でどうしても伸び悩んだり、勉強する気がなくなったりと順風満帆には行かないと思います。そこで、このHPで薦めているのがネットでの友人作りです。今までも多くの合格者の方が、このHPで友人を見つけてやる気が倍増したという報告をいただいております。雑談室に投稿していただければ良き友人が見つかると思います。



2.教材選び

現在、福祉住環境コーディネーターの教材として数多くの教材が出版されていますが、どの教材が良いのか悪いのか分からないと思います。1度目の受験をする際、不合格してしまう最も大きな要因が教材選びにあると思う私は、1冊1冊分析してみました。もちろんこの教材の評価に対していろいろ意見はあると思いますが興味がある人はこちらを参考にしてください 

※なお、当HPでもどの教材が良いのかアンケートも取っておりますのでこちらも参考にしてください 

アンケートでも分かると思いますが市販されている教材の中では下記の教材をお薦めします。また、福祉住環境コーディネーターの教材は皆さんも探してみればわかると思いますが、ほしい教材がないからといって納得できない教材を買っても勉強は進まないと思います。一番良いのは、大きな本屋に行ってたくさんの教材に目を通し探すのが良いのですが、そんな時間もない人にはネットで注文できる本屋を紹介します。もし良かったら利用してみてください。

    

ちなみに、ここで紹介させていただいたのは管理人の勝手な意見であり、それぞれの会社、出版社とは無関係です。なお、出版社の方で評価やコメントに問題があるという方はメールをいただければ迅速に対応したいと思いますのでよろしくお願いします。



3.過去問

皆さんも当然ご存知だと思いますが、福祉住環境コーディネーターの試験については過去問がすべて公開されています。多くの出版会社から市販されているものをはじめ、最近では参考書と一体型になっている教材もあります。いずれにしろ、同じ問題ではないにしろ毎年同じような傾向の問題が出題されていますので、解いてみる価値はあると思いますよ。参考書や問題集など複数の教材を利用することをお薦めします。

    


4.通信講座

 

 もちろん、独学で市販の教材を使って勉強するのが一番安く合格できる方法だと思いますが、絶対合格しなければならない人やひとりで勉強する自信がない人には通信講座をお薦めします。市販教材同様、福祉住環境コーディネーター講座は多く、見定めるのが難しいのが現状です。

やはり、自分の目で見て、自分にあった講座にするのが良いと思うので、下記のサイトを紹介します。
資料請求無料ですので講座の違いを分析しましょう!!

給付制度を上手く使って経費を削減しましょう。

誰でも、知っている会社だろう。知名度が高いが内容が気になる人にもお薦めで講座内容は充実している。たくさんある通信講座の中でも受講者数はトップクラス。給付制度対象であることも人気の要因である。

複数の通信講座の資料請求ができます。見比べて選びたい方はこちらを利用していただくと手間が省けると思います。

 



5.通学講座

通学講座は、通信講座よりも確実に勉強ができ、より一層合格できる可能性が高いと言えるでしょう。

ネックなのは教室が近場にあるかどうかです。自宅で勉強するのは絶対無理だという人は検討を・・・

通学講座を受けるならここ。全国各地で展開してますが近場で受講できるかチェックが必要。通信講座もあり、特徴としては、授業方式の映像で学習することができる。教材では、なかなかはかどらない人にはお薦めです。

 



6.模擬問題

・ 模擬試験&模擬問題

皆さんから集められた問題を5択問題として提供しています。力試しにどうぞ!!

 

 



7.最後に・・
この場を借りていろいろな事を書かさせていただきましたが、あくまでも個人的な意見ですので参考にされる方、されない方いろいろだと思いますが個人で判断ください。そして、最後に言わなくてはいけないこととして、福祉住環境コーディネーターの試験はどれだけしっかり勉強したかだと思います。いくら良い教材を持っていても使わなければ意味がないですし、勉強時間が多くても知識として得れてなければ意味がありません。合格して、実際に活用する場合、特に知識がものを言うと思いますので多くの人に喜んでもらえるよう勉強してください。

 特別編 受験者から寄せられたお薦め勉強法 2級編

受験者の皆様は、それぞれ福祉関係の勉強する前の初期能力が違うと思いますし、勉強の進み具合も違うと思います。1週間で福祉住環境コーディネーター検定試験に合格された方もいれば、1年勉強しても合格できないという人もいます。個人差が大きい勉強時間については何とも言えませんが、今回は平均的は3ヶ月間で試験に向けて勉強する勉強スケジュールを紹介したいと思います。(もちろん、個人的な意見ですので参考までに・・)

まず、自分が受ける受験会場を日程などを考慮して決める→試験日程 (例年7月と11月)
               ↓
3ヶ月前    教材を決め購入する→教材紹介
         体験談を読み先輩の意見を聞く→体験談
         仲間を探しネットでの友達を作る→雑談室
               ↓
         一通りまとめてある教材や「公式テキスト」を読んでみる
               ↓
         問題集の問題を解きながらわからなかったところを補強していく
               ↓
2ヶ月前    過去問の掲載されている教材に挑戦してみる
         間違っていたところのチェック
               ↓
1ヶ月前    もう一度一通り知識を蓄積させるため教材を読む
         (暗記が必要なところはとにかく暗記)
               ↓
2週間前    過去問の掲載されている教材に再挑戦
         全部解けるくらいに全問潰す
               ↓ 
当日      試験時間はたっぷりあるのでゆっくり落ち着いて問題を解いてください!!

  提供:福祉住環境コーディネーター集会所