1級2級土木施工管理技士とは難易度比較

土木施工管理技士とは(1級2級)

「土木施工管理技士」とは、建設現場において施工スケジュールの管理や安全の遵守、第三者との調整などを行う建設現場のリーダーとして活躍することができる資格です。

「土木施工管理技士」には1級、2級があり1級の試験は年1回。2級は年2回実施されている。
1級は河川、道路、橋梁、港湾、上下水道などの土木工事において、主任技術者または監理技術者として施工計画書を作成し、現場における工程管理、安全管理など工事施工に必要な技術上の管理などを行います。

2級は河川、道路、橋梁、港湾、上下水道などの土木工事において、主任技術者として施工計画を作成し、現場における工程管理、安全管理など工事施工に必要な技術上の管理などを行います。

土木施工管理技士の難易度

1級土木施工管理技士合格率

学科 実地
受験者数 合格者数 合格率 受験者数 合格者数 合格率
平成27年 35,810 19,551 54.6% 27,547 10,266 37.3%
平成28年 35,340 19,454 55.0% 27,846 10,219 36.7%
平成29年 34,629 22,930 66.2% 31,414 9,424 30.0%
平成30年 28,512 16,117 56.5%

2級土木施工管理技士合格率

学科 実地
受験者数 合格者数 合格率 受験者数 合格者数 合格率
平成27年 33,383 22,198 66.5% 31,792 11,366 35.7%
平成28年 33,992 16,442 48.3% 34,400 10,273 29.9%
平成29年 37,262 25,637 68.8% 34,365 11,782 34.3%

土木施工管理技士の合格サポートコンテンツ

・試験情報

 1級試験情報 2級試験情報

・通信講座を徹底分析比較

・市販書籍を徹底分析比較

 1級おすすめ書籍 2級おすすめ書籍

・過去問題を無料提供

 1級過去問 2級過去問

・平成30年度試験解答速報

土木施工管理技士年収