福祉住環境コーディネーター 2級公式テキスト新版

 

第1章 高齢者や障害者を取り巻く社会状況と福祉住環境コーディネーターの意義
  1節 高齢者を取り巻く社会状況と住環境
   ○高齢者の生活状況と住環境整備
   ○住環境整備の重要性・必要性
   ○介護保険制度の概要
   ○高齢者向けの住宅施策の変遷と概要

  2節 障害者を取り巻く社会状況と住環境
   ○障害者の生活と住環境
   ○障害者福祉施策の概要
   ○障害者向けの住宅施策の変遷と概要

  3節 福祉住環境コーディネーターの役割と機能
   ○福祉住環境コーディネーターの存在意義
   ○福祉住環境コーディネーターの職業倫理


第2章 障害のとらえ方と自立支援のあり方
  1節 障害のとらえ方
   ○障害の定義ととらえ方の変遷
   ○ICFの障害のとらえ方    

  2節 リハビリテーションと自立支援
   ○高齢者の生活機能の低下と予防・リハビリテーションのあり方
   ○地域ケアと地域リハビリテーションの必要性

  3節 高齢者の心身の特性
   ○高齢者の身体的特性
   ○高齢者の心理と精神的特性

  4節 障害者の心身の特性
   ○障害をもった時期に起因した特性
   ○リハビリテーションの経過に伴う変化

  5節 在宅介護での自立支援のあり方
   ○在宅生活を支える介護の基本姿勢

第3章 疾患別・障害別にみた不便・不自由と福祉住環境整備の考え方
  1節 高齢者に多い疾患別にみた福祉住環境整備
   ○高齢者に多い疾患の特徴
   ○脳血管障害(脳卒中)
   ○廃用症候群
   ○骨折
   ○認知症
   ○関節リウマチ
   ○パーキンソン病
   ○糖尿病
   ○心筋梗塞

  2節 障害別にみた福祉住環境整備
   ○肢体不自由
   ○内部障害
   ○視覚障害
   ○聴覚言語障害
   ○認知・行動障害

第4章 相談援助の考え方と福祉住環境整備の進め方
  1節 福祉住環境とケアマネジメント
   ○介護保険制度とケアマネジメント
   ○福祉住環境整備におけるアセスメント

  2節 福祉住環境整備の進め方

  3節 福祉住環境整備関連職への理解と連携
   ○関連職とのかかわり方
   ○関連する主な職種

  4節 相談援助の実践的な進め方

第5章 福祉住環境整備の基本技術と実践に伴う知識
  1節 福祉住環境整備の共通基本技術
   ○段差解消
   ○床材の選択
   ○手すりの取り付け
   ○建具への配慮
   ○スペースの配慮
   ○家具・収納への配慮
   ○色彩・照明計画、インテリアへの配慮
   ○冷暖房への配慮
   ○非常時の対応(緊急通報装置の考え方)
   ○経費、維持管理(メンテナンス)への配慮

  2節 生活行為別福祉住環境整備の手法
   ○外出
   ○屋内移動
   ○排泄
   ○入浴
   ○更衣(着脱衣)・洗面・整容
   ○調理と食事、団欒
   ○就寝

   補説 建築図面と建築法規

第6章 在宅生活における福祉用具の活用
  1節 福祉用具の意味と制度
   ○福祉用具の意味
   ○福祉用具の選択・適用における基本姿勢

  2節 生活行為別にみた福祉用具の活用
   ○起居・就寝
   ○移動
   ○排泄
   ○入浴
   ○生活関連用具

実務編
  1節 高齢者・障害者施策における住宅改修・福祉用具
   ○介護保険制度における住宅改修
   ○介護保険制度における福祉用具
   ○障害者自立支援法の補装具費支給制度
   ○障害者自立支援法の日常生活用具給付等事業

  2節 福祉住環境整備の実践に必要な基礎知識
   ○住宅建築の構造と施工の概要
   ○住環境整備における留意事項
   ○住宅建築に必要な整備の知識
   ○住宅建築における見積もりの知識

事例集 福祉住環境コーディネート事例集
   ○転倒予防
   ○片麻痺歩行レベル
   ○片麻痺歩行レベル
   ○片麻痺車いすレベル
   ○関節リウマチ
   ○骨折(大腿骨頸部)
   ○脊髄損傷
   ○進行性筋ジストロフィー症
   ○脳性麻痺
   ○切断(+糖尿病 知覚麻痺)
   

 

   提供:福祉住環境コーディネーター集会所